2007年09月30日

トマトの効果


スープダイエットのミソといえば、トマト
ホールトマトが丸ごと入った、トマトベースのスープを使います。

トマトにはグルタミン酸がたっぷり。グルタミン酸とは、昆布の旨み成分です。
イタリアの方は昆布やカツオだしのように、トマトを出汁に使っているそうです。
しかもこのような旨み成分は、種類の違うものを合わせることで
旨みが相乗効果となって発揮されることで知られています。
スープダイエットにもチキンブイヨン、イノシン酸という旨み成分を足しますから
より美味しく飲み続けやすいスープに仕上がるのです。

トマトの栄養も見逃せません。
ヨーロッパに「トマトが赤くなると医者が蒼くなる」という
ことわざがあるくらいです。

トマトにはビタミンCビタミンB群とともに
カリウム・鉄分・リン・カルシウムなどのミネラルが豊富に入っています。
これらのミネラルは加熱しても損なわれることはありません。
旨み成分であるグルタミン酸にも
抗酸化(アンチエイジング)・抗がん作用があるようです。

抗がん作用といえば、リコピン
トマトやスイカに含まれる赤い色素のひとつですが
非常に強い抗酸化作用・抗がん作用があると言われています。

リコピンはトマトが太陽を浴びることで生産されるので
イタリアなど地中海付近で育てられたトマトが
最も多くリコピンを含んでいるとされ、推奨されています。

ホールトマトの多くがイタリア産のトマトを使用しているので
この点だけでもリコピンの摂取に適しているといえますが
リコピンは加熱によっても壊れることは無く
ホールトマトには生のトマトよりもリコピンが濃縮されていると言われています。

ダイエットの為だけでなく
毎日の健やかな生活の為に作って飲みたい栄養スープです。


posted by トマト スープダイエット at 17:46| トマト スープダイエット