2007年10月30日

トマトスープ鍋ダイエット


これからの季節に美味しいお鍋。
お鍋といえば魚介の鍋の代表格・ブイヤベースがありますが、
ブイヤベースにもトマト缶が入っています。

ここで提案。ブイヤベース風に
トマトのダイエットスープにひと工夫して
美味しく痩せるお鍋を楽しみませんか?

≪レシピ≫

1.鍋にクッキングペーパーを使ってオリーブ油を薄く敷く
2.にんにくと鷹の爪各少々を入れ、火にかけ香りを出す
3.玉ねぎのスライス1/2個分を炒め合わせる
4.ホールトマト1個をつぶしながら加え、水2カップで溶く
5.コンソメスープの素1/2個を溶かす
6.鶏ササミ100gを一口大に切って加える
7.好みの茸や野菜をたっぷり加え、全体的に火が通れば出来上がり



味が薄いようでしたら、塩コショウ少々で加減して下さい。

鶏ササミは白身魚1切れやエビ、貝類に替えても構いません。
タンパク質はダイエットにも大事な栄養素です。
ただし鮭など脂の多い魚を使うときは量を減らし半切れにしましょう。
アサリや渡り蟹を少量ずつ入れれば、ブイヤベース風のリッチ鍋にも変身します。

〆のご飯が欲しいところですが、ダイエットのためには我慢。
その分野菜をたっぷり食べましょう。
野菜ならどれだけ食べても大丈夫です。

鍋のスープは翌朝まで取っておいて、朝ご飯は
鍋の旨みをたっぷり吸い込んだリゾットに。
お鍋にするとこんな楽しみ方が出来るところが良いですよね。

お鍋の残りを温め、お茶碗半分のご飯を加えます。
玄米や五穀米を使うのも良いでしょう。
沸騰後、モッツァレラチーズ30gをスライスして加え
蓋をして3分蒸らしたら完成。

モッツァレラチーズは、タンパク質と
脂肪燃焼に効果のあるビタミンBを含んだ食材です。
モッツァレラはチーズの中でも低カロリーのもの。
しかも朝ご飯に食べるのですから全く問題ありません。
上手に利用して、ダイエット生活をますます充実させましょう。
posted by トマト スープダイエット at 15:17| トマト スープダイエット

2007年10月24日

ダイエットスープの材料各論


ダイエットスープ中の、トマト以外の野菜の
栄養に関してご紹介です。


・ 玉ねぎ

ビタミンCが豊富な玉ねぎ。
辛味成分はアリシンといいますが、ビタミンB1の吸収を高め
新陳代謝を促したり肝機能を補う効果もあります。
またカリウムを豊富に含んでいるので
デトックス効果・むくみの解消に効き目あり。
水ぶとりタイプの皮下脂肪肥満の方に良いでしょう。
他にもコレステロール値・血圧・血糖を下げる効果が認められています。


・ ピーマン

ピーマンもビタミンCが豊富な食材。
しかもピーマンに含まれるビタミンCは加熱しても壊れないと言われます。
ビタミンCには疲労回復、美白、粘膜を丈夫にする、抗酸化(アンチエイジング)
などの効果があることが分かっています。
さらにピーマンにはビタミンCの吸収を助け、コラーゲン生成作用もある
ビタミンDも多く含まれています。
もちろん緑黄色野菜ですのでβ-カロチンも含んでおり
これらのビタミンの相乗効果で疲労回復、美容に効果があります。


・ キャベツ

キャベツにはビタミンCのほか、他の野菜にはみられない
ビタミンUとビタミンKが含まれています。
胃や十二指腸のトラブルを予防したり骨粗しょう症になりにくくしてくれます。
がん予防に効果のあるフラボノイドが多数含まれていますし
同じく成分であるインドールにはコレステロール値を調節する作用があります。


・ セロリ

ミネラル・ビタミンともに豊富な食材です。
玉ねぎと同じくデトックス効果のあるカリウムを含みます。
便秘解消・コレステロール低下に効果のある
食物繊維が豊富なのも特長です。
またセロリ独特の香気成分にはストレス解消効果も。


これはあくまで基本のスープの材料です。
欲しい栄養素を含んでいる他の野菜などを加えて
あなたにぴったりのダイエットスープを探してみて下さい。
posted by トマト スープダイエット at 11:49| トマト スープダイエット

2007年10月18日

ダイエットスープで簡単ランチ


ローカロリーで栄養豊富なトマトのダイエットスープ
このスープを少〜し応用して、
簡単でローカロリー、しかも腹持ちの良いランチを作りましょう。
遅く起きた朝のブランチにもオススメです。
ダイエットスープのレシピはスープダイエットの説明をご参照下さい。

まずはスープリゾット
ダイエットスープを小なべに移して温め、お茶碗半膳ほどのご飯を。
3〜5分も煮込めば出来上がりの簡単メニューです。
ご飯がスープを吸い込みますので、少ない量でも満腹感。
玄米や雑穀を混ぜても美味しく召し上がれますし
食物繊維が豊富ですから白米を使うよりダイエット効果が高くなります。

温めたスープに、スライスして焼いたバゲットを入れても美味。
こちらもパンがスープを吸って、風味が上がるうえ
少ない量でも満腹感を感じやすくなります。

お餅を入れて焼き雑煮風にするのもマル。
オーブントースターでこんがりと焼いたお餅を深めのスープ皿に入れ
温めたダイエットスープを注ぐだけ。香ばしい香りが食欲をそそりますが、
ダイエットスープならどれだけ食べても安心です。
ただしあくまでダイエット用ですから、お餅の数は控えましょう。

女性に人気のスープパスタにするのもオススメです。
通常パスタは1人前100gほどですが、70〜80gほどに抑えて下さい。
パスタをパッケージ記載の時間茹で、皿に移して
温めたダイエットスープを注ぎ、パスタに絡めます。
黒胡椒を効かせたり、オリーブオイルやラー油を少量足らして香りとコクをプラス。
ちょっとした工夫で飽きずに食べることの出来るレシピです。

パスタの代わりにダイエット効果の高い蕎麦を使うのも良いでしょう。
食感はそのままにダイエット効果をぐんと上げられます。

posted by トマト スープダイエット at 15:02| トマト スープダイエット

2007年10月04日

変型スープダイエット


基本のスープダイエットスープダイエットの説明に書いたとおりですが
他にもスープでダイエット効果を得る方法が紹介されています。

基本のレシピは通常のスープダイエットと変わりません。
キャベツスープダイエットというものもありますが、
基本のトマトスープにキャベツ半個分が加わるだけです。
ホールトマトでなく、生のトマトを刻んで入れるレシピや
コンソメの代わりに昆布とカツオ出汁で味をつけるタイプも。

キムチベースのスープで、韓国風の味付けもあります。
キムチに入っている唐辛子のカプサイシンには脂肪燃焼効果が。
生姜やネギをプラスすると、なお燃えやすい身体になります。

中に入れる野菜にもひと工夫。
キャベツ・玉ねぎ・ニンジンなど定番のものに加え
ニラや竹の子、もやし、春雨などの韓国・中華食材を入れるとより本格的に。
トマトスープの味に飽きた頃に試すと良いでしょう。

味噌汁ダイエットというものもあります。
味噌も海外に行けば Miso-supe、立派なスープダイエット。
味噌汁にニンジン、だいこん、ほうれん草、舞茸、ネギなどの野菜を刻んで入れるだけ。
特にダイエット効果があると言われている舞茸はマストアイテムです。
タンパク質豊富な豆腐が入るとなお良いでしょう。

空腹を感じたときや食事前に、1杯の味噌汁を飲めば
食べすぎを難なく防ぐことができます。
味噌に含まれている大豆ペプチドやサポニン、レシチンにも
ダイエット効果が期待されています。
日本人の心とも言える味噌汁に、こんな効果があったんですね。
社会問題とも言えるメタボリック症候群を生んだ最大の原因は
もしかしたら日本人の味噌汁離れにあるのかも知れません。

味噌汁ダイエットには寒天を入れてより腹持ちを良くすると言う
裏技もあるそうですが、スープダイエット全般に応用できそうな方法ですね。

市販のスープを利用する方法もあります。
ファスティングダイエットスープや燃効スープなど、ダイエット目的で
お湯に溶かして食前に飲むだけのインスタントスープが販売されています。
忙しくてスープを作る時間が無かったり
調理時間がストレスになってしまう方にオススメです。
posted by トマト スープダイエット at 15:51| トマト スープダイエット

2007年10月02日

タンパク質不足を解消


トマトスープダイエットを行う上で一番大きな問題は
タンパク質不足になることです。

脂肪と共にタンパク質も燃焼されるということを多くの方はご存知ありません。
このときに食事制限などのダイエットでタンパク質が不足すると
カラダは筋肉中のタンパク質を燃やそうとします。
いくら運動をしたところで、筋肉がやせてきてしまうのです。
筋肉が下がれば基礎代謝量が落ちますから、ダイエットには致命的。
残念ながら逆効果になってしまうのは明らかです。

そこで、スープダイエットの説明に紹介した
7日間集中ダイエットを決行したい場合には適応できませんが
このトマトスープをダイエットに応用したい方にオススメの
低カロリーのタンパク源をご紹介していきます。
別の料理にして食べても良いですし
トマトスープに入れても美味しく召し上がれるはずです。

まずひとつめは、お豆腐などの大豆製品
大豆には良性タンパク質がたっぷり含まれています。
特に吸収効率が良いのは豆乳と豆腐だそう。
レンジでチンしたお豆腐をトマトスープに和えたり
トマトスープを豆乳で割っても美味しく食べられます。

魚介類も有用で、しかも美味しいタンパク源です。

まず魚ですが、赤身の魚と旬の魚には脂が多いので
避けるほうが無難でしょう。
青魚には血液をきれいにする不飽和脂肪酸が含まれていますし
小魚を頂けば骨を作るカルシウムもたっぷり補給できます。
ただし白身魚は身が崩れやすく、トマトスープに入れるのは不向き。
でも、すり鉢で卵白・小麦粉と混ぜてすり身にして
(カロリーが高い卵黄はご家族用のお料理に)
お団子にしたら美味しくなりそうですね。

そして、貝やエビ、イカ、タコなど。
特に貝類は魚に比べタンパク質含量では劣りますが
各種ミネラルや、むくみの改善・疲労回復に効くタウリンなどの
タンパク質以外の栄養素も魅力です。
トマトスープの良い出汁にもなり、一石二鳥ではないでしょうか。

お肉を食べたい日は鶏肉を選んで。
なるべくカロリーの低いササミを食べるのが良いでしょう。

トマトスープに刻んだゆで卵をトッピングする方法もあり、
美味しくタンパク質を摂取できます。
前述の通り卵黄は高カロリーなので(卵白の4倍)
卵白部分はそのまま食べるけれど卵黄部分は減らすなどの工夫を。

同じものばかり食べると飽きてしまいますので
上手くローテーションして無理なく続けられるよう
レパートリーを増やすのがコツです。

posted by トマト スープダイエット at 15:14| トマト スープダイエット

2007年09月30日

トマトの効果


スープダイエットのミソといえば、トマト
ホールトマトが丸ごと入った、トマトベースのスープを使います。

トマトにはグルタミン酸がたっぷり。グルタミン酸とは、昆布の旨み成分です。
イタリアの方は昆布やカツオだしのように、トマトを出汁に使っているそうです。
しかもこのような旨み成分は、種類の違うものを合わせることで
旨みが相乗効果となって発揮されることで知られています。
スープダイエットにもチキンブイヨン、イノシン酸という旨み成分を足しますから
より美味しく飲み続けやすいスープに仕上がるのです。

トマトの栄養も見逃せません。
ヨーロッパに「トマトが赤くなると医者が蒼くなる」という
ことわざがあるくらいです。

トマトにはビタミンCビタミンB群とともに
カリウム・鉄分・リン・カルシウムなどのミネラルが豊富に入っています。
これらのミネラルは加熱しても損なわれることはありません。
旨み成分であるグルタミン酸にも
抗酸化(アンチエイジング)・抗がん作用があるようです。

抗がん作用といえば、リコピン
トマトやスイカに含まれる赤い色素のひとつですが
非常に強い抗酸化作用・抗がん作用があると言われています。

リコピンはトマトが太陽を浴びることで生産されるので
イタリアなど地中海付近で育てられたトマトが
最も多くリコピンを含んでいるとされ、推奨されています。

ホールトマトの多くがイタリア産のトマトを使用しているので
この点だけでもリコピンの摂取に適しているといえますが
リコピンは加熱によっても壊れることは無く
ホールトマトには生のトマトよりもリコピンが濃縮されていると言われています。

ダイエットの為だけでなく
毎日の健やかな生活の為に作って飲みたい栄養スープです。


posted by トマト スープダイエット at 17:46| トマト スープダイエット

2007年09月27日

スープダイエットの説明


一般に言われるスープダイエットとは、
7日間決められた食材とトマトベースの野菜スープを飲むことによって
カロリーを抑えて短期間で減量するというもの。

基本のスープレシピ:
1.たまねぎ3個、ピーマン1個、キャベツ半玉、セロリ1本を
  食べやすい大きさに切り、大き目の鍋へ
2.ホールトマト1缶とチキンスープの素1個を加える
3.水をひたひたになるまで入れ、柔らかく煮込む

スープダイエットを行う際にはカンタンな決まりごとがあります。

その1.小麦粉を使ったものを食べてはいけない(揚げ物もNG)
その2.アルコールを飲んではいけない
その3.炭酸・清涼飲料を飲んではいけない(コーヒーと100%ジュースは可)
その4.砂糖や甘味料の入ったものを食べてはいけない
その5.その代わりスープはいくらでも飲んで良し


1週間のおおまかな流れは(スープ以外に食べて良いもの)

1日目:
フルーツ(バナナ以外)

2日目:
野菜(煮たり焼いたもの・油はNG)
※ フルーツ・豆・とうもろこしは×

3日目:
フルーツと野菜(じゃがいも以外)

4日目:
バナナ3本とスキムミルク500ml
※ いつもより水を多めに飲むこと

5日目:
350〜700gの肉(チキン・魚でも可)
トマト(6個以下)

6日目:
牛肉と野菜(じゃがいも以外)

7日目:
玄米、野菜、フルーツジュース


こんな流れで進んで行きます。

そして、一番気になるのはスープ以外に食べるものに関して
その日に摂取する理由が全く分からないことです。
1食ならこういう献立も良いかも知れないですけれど
3食同じものを食べるのはどの日も辛そうに見えますよね。
それに炭水化物とたんぱく質の摂取量が不足してしまうことも問題になりそう。
あくまで7日前後のプチ断食感覚で臨むのが良いでしょう。

このようにオススメしにくいダイエット法ではありますが
スープにはトマトはじめ野菜が沢山入っていて食物繊維がたっぷりでヘルシー。
上記の通り実行しなくても、食前にこのスープを飲むなどして
日々のカロリー摂取量を抑えることはダイエットに有意義です。
野菜不足が指摘されている現代人にとっては
ダイエット以上の効果をもたらしてくれる、メタボの救世主になりえます。

スープにホールトマトを入れることにも大きな意味がありますので
次回解説させて頂きたいと思います。
posted by トマト スープダイエット at 21:06| トマト スープダイエット